LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

キャンドルナイト – やさしい影、あなたと – vol.7

LUCID NOTE SHIBUYA

奄美の天使と京都からの使者。

二件目は歩いて晴れ豆へ。今日はキャンドルナイトでノン・ピーエー。代官山町。

OAがあったおかげで、運良く城さんのステージからシットイン。フロアもステージもエアコン以外はアンプラグド。ピアノとギターをバックに唄う城さんのウタゴエは、思ってた以上によく響いてた。相変わらずの舌足らずでピュアなMCも、生声で聴くとより可愛い。いつの日か間違いなく女子から女性に変貌するんだろうけれど、そのタイミングは、今ヨコに居る河野さんが握ってるんだろうな・・・などと思いながら聴く。今日の出演者の中では最も売れてるメジャーな城さん。終演後のファン・サービスはあったのかな。

次に聴いた、みかとやすのお二人が個人的にはメイン。ピュアさでは城さんに決して負けない水野さんの生声は、ピアノを演奏しながらというハンデはあったものの、曲のストーリーの谷と山が良く伝わるヴォーカルで、こちらもグッド。岡田さんのベースが品よくステージ奥で響いてたのも幻想的だった。キャンドルナイトの趣は、お二人の音楽はぴったりなのだけれど、彼らを知らない東京の人達には、まずはちゃんとPAを通した音を聴いてほしいなぁ・・・

ということで、みかとやすのおふたりは、明日は横浜、明後日は渋谷でライヴがあります。京都から来たっていう背景も絡めて聴くと、絶対無二な不思議な感覚に包まれるライヴ。おススメです。