LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

城南海 ウタアシビ2015夏(夜公演)

LUCID NOTE SHIBUYA

昭和の時代。日曜日になるとデパートの屋上でよくやってた客寄せの興行で「オリジナルはお客さん知らないから有名な曲にしてよ」って言われて無理やり流行りの曲を歌わされるという・・・デジャヴ。

//

ダブルヘッダのふたつめは久々のご近所さん。道玄坂2丁目。

テレビの破壊力って今でもすごいんだね。なにが変わったかって、その客層・・・というか客の質。平均年齢もぐんっと上がって、フロアの一部なんて老人ホームの慰問会のような様相に正直おどろいた。テレビってすごい。お年寄りには今でも欠かせないアイテム、らしい。なんでもカラオケなんとかって番組らしいのだが、時を同じくしてリリースしたアルバムが、まるで狙ったかのようにカヴァー曲集。今日のライヴもほぼ全編そのカヴァー曲。ただすけさんのピアノなんて、演奏じゃなくて伴奏だし・・・なんだよ、そのカラオケ風味のアレンジは(笑)。まあ本人もことのほか楽しそうだったし、それはそれでよかったんだろうな。でも客に媚びるのはほどほどにしないとねぇ・・・同じことは二度もやれないし。

アンコールの「アイツムギ」のピアノ弾き語り。「今日はこれが一番良かった」って言ってくれる客がどれだけいたかが今後の課題。

//

秋のウタアシビは谷口さんとこでやるらしい。タニーチョ、会いたいな。