LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

Make Happy!!

LUCID NOTE SHIBUYA

プレイガイドよりも当日料金のほうが安いという現実に苛まれている今日このごろ。

//

たま~にふらっと行きたくなる若い子だけのブッキングライブへ。鉢山町。

今日は4組。全組がギターヴォーカル、全組がワンマンライブを控え、全組が女子という誰かが誰かのために図ったかのような対バンイベント。見て聴いた感想を出演順にメモ。

にゃんぞぬデシさん。「キャラが立っている」という表現があるが、彼女はそれにジャストマッチ。どんなキャラかはさておき、あの雑な話っぷりは、歌もギターも同じように雑なものとして聴こえてしまう。際立ったキャラは売り込みやすいのかもしれないが、音楽にはもう少し丁寧さが欲しいところ。バンド向き。

門脇更紗さん。譜面台を自分の右側に置いて演奏する19歳。ギターのアレンジがことさらに秀逸。うた声はビブラートなしのストレート。揺れもブレもない声と姿勢は、持つべき音楽センスをすでに持っている証し。彼女の今後はスタッフ次第。スタッフが優秀なら応援のし甲斐はありそう。しばらく遠目でウォッチ。

晴田悠加さん。どんな音楽に影響を受けてきたかをわかりやすく表現したアクト。太ったとかすっぴんとかよりも、自曲の紹介をもっと。いまの時代の若手シンガーソングライターの標準的なライブ。いまひとつ良さを見つけられないまま終了。おそらくまたいつかどこかで遭遇しそう。

RIRIKOさん。それが様になっているかどうかは見るひと次第の男前でイケメンのキャラづくりは、今日現在ではハーフウェイ。アニソンのイメージは好き嫌いを呼ぶ。ヴォーカルの完成度は今日の4組のなかでは頭ひとつ。笑顔のさわやかな気持ちのいいライブ。彼女のワンマンなら分かりやすく楽しめそう。のどは大切に。

//

ふらっと行って楽しむイベントとしては二重丸だったのだが、いまひとつモヤモヤするのは、出演者4組すべてそれぞれが、決め手を欠いていたこと。