LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

oricon Sound Blowin’ 2016~spring~

LUCID NOTE SHIBUYA

アイドルの握手会とやらに初遭遇。傍で見るにはほほえましい今のニッポンの代表的風景。

//

anderlustとLeolaさんを同時にタダで聴けるというおいしいイベントライブへ。徒歩1分。道玄坂2丁目。

全6組、アイドルあり、ポップスあり、ロックありのてんこ盛り。オリコンが年2回、無料で開催しているニューカマーのためのプロモーション用ショーケース。この企画、オリコンにとってどこに旨味があるのか不明だけれど、出演者の意気込みをそれぞれ見て取れて面白い。無料とはいえ、新しモノ好きにはそれなりに楽しめるいいイベント。

anderlustは2組目。最近はアコースティックなライブ(しかも映像)を見てきたので、生のバンドの音にすんごい期待してたのだが、その前の出演者がオケだった所為でバンドの音をPAに通すのはanderelustが最初・・・って、やっちまったよ。もう最悪。しかも肝心のベース。できることなら最初からやり直してほしかったくらい。途中で調整することもなく最後までこの音響ってどんな耳してんだよ今日のPAは。anderlustにとってはせっかくの大きなステージだったのに・・・ま、無料なのでこれ以上は(笑)

その最悪の音響だった二番手に続いたのがLeolaさん。これまた久しぶりのバンド編成。生バンドってアレンジの幅が広がっていいよね。ベースに高桑さんを引っ張ってくるあたりがもうね、無料のイベントにはもったいないくらい。不安のPAもしっかり調整してきたし、おそらく今日の6組の中では音楽性ではぴかイチ。anderlustはいつも通りのステージングだったけれど、Leolaさんは工夫が見えただけに次はどうなる?っていう期待も膨らむわけで、こういうところで小さいけれど差がついちゃうんだろうなあ。アンラスもオケでお茶を濁した方々よりは全然よかったけどね。しかしこの二組を続けて聴けたのはホントにラッキーだったなあ。

それはそうと、アイドルファンの発するパワーってホントに凄かった。ステージで下手なダンスを見せてる本人たちよりも、フロアでペンライトを一生懸命振ってる人たちに感動したよ。今の日本の音楽業界を支えているのはこういう熱意と熱量を持った人たちなんだろうなあ。これからもどんどん応援して、もっともっと散財していただきたい。

//

テレビのない生活を長く続けていると、テレビを中心に活躍されている芸人さんのことはまったくわからないので、そのネタのどこが面白いのかもまったくわかりません。ライブで唐突に素人さんを弄り始めて笑いをとろうとする芸人さんを見ると、芸のない芸人だなあって思ってしまいますが、この認識、間違ってます?