LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

大恒例 大晦日 カウントダウン セッション

LUCID NOTE SHIBUYA

無事に年を越せました。ありがとう。おめでとう。

年末に伺えなかったBODY&SOULに、新年のあいさつを兼ねて伺う。六本木からこうして歩いてみると、BODYもアウェイ感が薄れるなぁ。

現着したときは重鎮の方々をサポートにつけたTOKUさんのライヴがちょうど佳境で、飛び入りのグレース・マーヤさんとのセッションが始まる手前だった。

若手の音にはない、落ち着いたリズムのジャズが新年っぽくて、お客さまも旧い常連さんを含めて、年齢の層がやたらと高い雰囲気。六本木のギラギラ感とは好対照だったのが興味深かった。

グレースマーヤさんの歌声はライヴで聴くのは初めてだったけれど、こんな日だったからか、やたらとファンキーなノリだったのが意外というか、なんというか。

ヴォーカルもホーンもこなすTOKUさんのステージの後は、トミー・キャンベルさんがリーダーのセッションライヴ。ベースはちょくちょくお見かけするグレック・リーさんでタバコをふかしながらのベースがまったりでうれしい。フロントは山口有紀さんと伊藤大輔さん。英語の台詞の掛け合いから始めて、絶妙なタイミングでそれをメロディに乗っけてくるという、なんともお洒落なデュエット・セッション。こんなジャズ・ライヴは初めて。あまりにも楽しくて、眠気もそのままに最後まで聴いてしまった。

終演後に京子さんにちょっとだけ新年のご挨拶をしたら、なぜか「アイ・ラブ・ユー」って返された。あ、はい、今年はもっとBODYに通います・・・でもワイン三本は飲み過ぎです。