LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

girafe

LUCID NOTE SHIBUYA

八月最後の土曜日。ちょっぴり寂しげな夜の代々木へ。

girafeは、ベースの佐藤有介さんをリーダーにしたジャズ・バンド。演奏される楽曲は全部、佐藤さんのオリジナル。ピアノの中嶋錠二さんとドラムスの上村計一郎さんも、ジャズ系のミュージシャンだそうで、演奏のテクニックはまさにどがつくジャズ。なのでどの曲もインプロがふんだんにある。ただひとり、ヴォーカルの坂本マオさんだけはポップス系。実は、彼女がとても手に負えないくらい、すごい。

すべての楽曲が、ヴォーカルも楽器のひとつ、として作られたものばかり。普段ジャズをメインに唄われてる方がシンガーだと、これだと怒っちゃうかも(笑)ってくらい、ヴォーカルの出番が少ない。だからこそ、ヴォーカルにとっては表現の難しい曲ばかりなわけで・・・でも坂本さんはそれをさらりとやってのけてらっしゃる。ジャズ・シンガーではないからこそ表現できる彼女のヴォーカルが、girafeの不思議な世界観の基礎になってるのかも。坂本さん自身がどこまで自覚されてるかは分からないけれど、個人的には、彼女のヴォーカルのポテンシャルは、これだけじゃすまないような気もしています。

さてさて、今日と明日は行きたいライヴがいくつも重なってて、まさにライヴ日和。こういうとき、以前はスケジュールブックを眺めては、あーでもない、こーでもないと、どれにしようかなかなか即決できなかったけれど、最近は、決定行動モデルをつくっていて、その基準に従って行動するようにしています。さあ!明日は何処へ?