LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

L’ULTIMO duo Vol.2

LUCID NOTE SHIBUYA

昨夜のストレスを返上しに、二夜連続でduoへ。

今日のduoは、”L’ULTIMO duo”の2回目。昨年の1回目に味をしめて、開場と同時にこっそりと潜り込む。今日は、unistyle(ユニスタイル)さんと、→Pia-no-jaC←(ピア・ノ・ジャック)さんと、JiLL-Decoy association(ジルデコイ・アソシエーション)さんの、お三組の方々の対バン。1回目は確かテーブル席だったような記憶があるけれど、今日はイスだけ。それだけお客さんが多いってことかな。

— は じ ま り —

ひと組目はunistyleさん。YUUMIさんと藤谷一郎さんのユニット。待ってました、この時を。YUUMIさんと藤谷さんのお二人が、揃ってduoのステージに立ってる。「Towa No Uta」でほころんだ。「ひろいそら」でうるうるきた。そんな客もいたんです、ココに。そして「Hundreds Of Miles」で思い出した。彼らはまだまだニュー・カマー。もっともっと先があるわけだ。音楽をやめないで、死ぬまでずっとやめないで。

— ひ と や す み —

ふた組目は、→Pia-no-jaC←さん。HAYATOさんとHIROさんのユニット。待ってました、この時を(またか・・・)。驚きのハイ・テンション。この短いひとときに、命削ってる。ある意味「演歌」だ。インストって曲の順番を間違えると致命的だけれど、今日の彼らは絶好調。対バンであれだけお客さんを煽れるなんて・・・ズルイなあ。もしも二時間を越すワンマンが(渋谷で)あったら、ぜひまた観に行きます。疲れてへとへとになった彼らを眺めて、実は同じ人間だったってことを実感したい。終了直後、隣の女子約2名はカッコイイ!を連発。ナイス・プレイでした。

— ふ た た び お や す み —

最後は、JiLL-Decoy associationさん。kubotaさんとtowadaさんとchihiRoさんのトリオ。待ってました、この時を!(またまた・・・)。前回のduoのワンマン、行けずにガッカリだったので、そのぶんを取り戻す。クロスオーバーってよく言われるけれど、それだけ振り幅が広いってこと。今日のパフォーマンスは好みじゃなかったけれど、次々回のJZ Bratには足を運んでみたいな。

— 予 告 —

次の”L’ULTIMO duo”は来月。ブッキングを相当がんばったようで、驚きの出演者。でも諸事情で行けるかどうか・・・。

— お わ り に —

藤谷さん、貴重な情報、ありがとうございました。YUUMIさん、素敵な歌声、ありがとうございました。