LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

至高の華 梅若六郎 還暦祝賀能

能楽は写真や映像でチラチラと見たことがある程度で、ライヴでは初めてでした。

渋谷には能楽堂が二箇所あって、今回は松涛の観世能楽堂に行ってきました。もう一箇所は意外にもセルリアンにあります。

「能楽」って、通常は能と狂言を合わせて上演するんだそうです。かといって、上演される能と狂言は、内容的に関連はなく、あいだに休憩もあったりなんかして、まったく別個のものでした。

今日の狂言は、人気の野村萬斎さん、万作さん、万之介さんら共演の「二人袴(ふたりばかま)」(この方々が共演するってすごいこと?そうでもないの?)。最初はどこの国の言葉をしゃべってんだか、ちんぷんかんぷんでしたが、次第に日本語をしゃべってることがわかってきて、絶妙な間とリズムに慣れてきたら、めーいっぱい笑ってる自分がいました。狂言ってすっごいおもしろいです。いやホントに。

一方の能は、パンフレットに解説文があったので読んではみたものの、何をどう楽しめばよいのか、まるで理解不能でした。きっと眠くなるな・・・と確信していたのですが、舞台が進むにつれて、面(おもて)と衣装を着けた出演者が徐々に増えてきて、気づいたときには広い舞台が豪華で絢爛に。圧巻でした。これぞライヴの醍醐味。能は、シナリオを理解するよりも、見た目を楽しむことが大事なんだってことをわかってきたころに、ちょうど終了。

ま、初体験ってこともあり、今回はこの程度の理解でいいんだぁ! という微妙な納得のもと、松涛をあとにしました。

あ・・・、梅若六郎さん、還暦だそうで、おめでとうございます。どんな方かは存知上げませんが・・・。それと、葛西さん(NHK)も前説するなら自己紹介ぐらいしてから始めてください。いきなり宣伝はじめちゃうなんて、あまりに怪し過ぎました(笑)