LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!!「よっ、桑田佳祐」SHOW(宮城公演)

仙台です。
遠いです。
渋谷から来ました。
旅費もビックリな場所です。
でもとっても楽しみです。

仙台駅を降りました。
雨です。
寒いです、えぇ、そりゃもう、とっても。
ここからシャトル・バスでさらに移動です。

この時間、仙台市内は渋滞です。
50分近くバスに揺られました。
ほんと、遠いです。
陸の孤島に行くようです。
でも、ワクワクです。

着きました。
めーいっぱい暗い場所です。
ほんとにここでやるのかちょっと不安です。
バスを降りて、しばらく歩きます。

見えました。
会場です。
たくさんの人がいます。
雨は止みました。
ワクワク感倍増です。

会場建物の周辺はとても広いです。
そしてやっぱり暗いです。
すいこまれそうです。

グッズ売り場があります。
屋外の仮設テントです。
寒いです。
でもたくさん人が並んでます。
並びました。

買いました。
ツアー・パンフと新譜の「ダーリン」。
初回限定盤です。
さっそく開けます。
ピカピカ光るものが入ってます。

胸につけてみます。
この歳で、これはこれで、けっこう厄介です。

寒いので、もう中に入りたいです。
入り口、やっぱり人が並んでます。
まだ入れないようです。
寒いです。でも並びます。

みなさん静かに並んでいます。
でも気持ちはワクワクです。
でもやっぱり寒いです。

開場時間になりました。
列が動きます。
はやく入りたいです。
もう寒くて死にそうです。

入りました。
あったかいです・・・。
スタンド席、前寄り。
いい席です。

開演まで、まだ時間があります。
ウェーブを起こそうとして頑張るファンの姿がアリーナに見えます。
ワクワク感が増してきます。

ウェーブ、起きました。
でも、バラバラです。
何度目かでうまくいきました。
なにごとも練習は大事です。

ときどき前説が流れます。
ピカピカ光るアレは、アレのときだけ点灯しろと言ってます。
よかった、これで胸からはずせます。

はずしました。
前説は同じ内容を間隔を置いて繰り返しています。
女性の声で、おそらく宮城テレビのアナウンサーか、またはプロの方のようです。
上手いです、
まったく噛みません。
しかもナマでしゃべってるようです。

開演前の最後の前説は、なぜかGIPの担当者さんに交代です。
若い男性の声です。
しろうとっぽいです。
下手です。
でもそれが仙台っぽくて好印象です。

最後の前説、終わりました。
もうすぐです。
最初の曲がなにか、とても楽しみです。

ワクワク。

ドキドキ。

会場の照明が落ちました、いよいよです。

はじまります。

よっ、桑田佳祐ぇー!!!