LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

斉藤利菜 vs TOMOO vs 阿部静華

LUCID NOTE SHIBUYA

どうせふらっと立ち寄るなら上よりも下なんだろうけど、今日は上の上から3番目が主役。

//

名古屋にTOMOOさんが来ているというのでちょっと寄り道。新栄2丁目。

現在、セカンドミニアルバムのリリースにともなう全国ロードの真っ最中のTOMOOさん。来週の渋谷ファイナルを直前に控えた今日のステージは、ベース、ドラムス、本人キーボードのスリーピース。

彼女は、無駄な技や力を喉に加えずに歌うことで、低いが太くない歌声という唯一無二の持ち味を際立たることに一部成功している。これに加えて、歌の情景や物語の背景へのアプローチは、聴くものの想像力に委ねる、という歌い方を徹底して実践すれば、どんな歌でもTOMOO色に染めることができる最強のヴォーカリストになれる。今回の2枚目のミニアルバムは、その歌いかたの真逆の方法を採用したようだ。特徴的なその地声を活かした楽曲は、聴いたところ1曲だけだ。自分の声の特徴を最大限に活かせる歌い方と楽曲とはどんなものなのか、それを見つけ出せたときの彼女を想像すると末恐ろしい。今日はそんなライブ。名古屋は元気なんかじゃない、なまやさしいだけだ。

//

今週は渋谷から高山を2往復。来週は北海道へ。雪ばかり。