LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~」Supported by UCC(最終日)

LUCID NOTE SHIBUYA

深マッチと片ヤンがさりげなくfukakatta。

//

年の終わりにSB席再び。新横浜3丁目。

ステージバックの、しかも真後ろの席だと、桑田さんがスタンドマイクで歌うときはずっとその背中と後頭部を見ながら聴くわけで、派手なステージ電飾も観えないし、フーセンも飛んでこないし、イイところ全く無さそうだけれど、実はものすごく音がいいのだよ。音の返りは全くないし、ステージに近いゆえに見た目とのズレもない。この規模の会場で音に集中できるライブって有り得ないんだけどね。で、たまに桑田さんが気を使って振り向いてくれたりすると、ここぞとばかり瞬時に沸騰する席(笑)。なまじスタンドやセンターの奥のほうとか立ち見よりも良席じゃないかな。で、今回も花道の真上。カースケさんの背中の先に桑田さんの背中。これで参加席とは、幸運にもほどがある。

オープニングの4曲が終わったとき、桑田さんってホントにいい曲いっぱい持ってんだなあって。オープニングでソレやっちゃうと、もうアト続かないだろうってことが、桑田さんの場合は無いね。歴年の楽曲の中から硬派な曲をかき集めた前半のコーナーはドツボ。こういうロックでアグレッシブな桑田さんはカッコよくて好き。その後の軟派で色モノ系のコーナーも嫌いじゃけどね(笑)。今年(昨年)の新曲をちりばめたアラカルトなコーナーも良かったなあ。歌謡曲風味な楽曲が多かった一年だったけど、これらをメインで構成するとぜんぜん違うライヴになってたろうね。♪ふしぎなこいは~・・・にビビる。しかしなんで年越しが「EARLY IN THE MORNING」なんだあ~!。ヨシ子さん最っ高!。上島珈琲バンザイ!(笑)

//

というわけで、今年もあけましておめでとうございます。けっちゃん行けなくてゴメンね。