LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

朗読「宮沢賢治が伝えること」

LUCID NOTE SHIBUYA

岩手県。

//

せめて月に一回は更新したい・・というか行きたい。今日は太子堂4丁目。

宮沢賢治と言えば、読書感想文なのだ。短編ばかりなので簡単に読めるし、子ども向けでもあるし、大人向けでもあるし、誰にも文句を言われない作家だし・・・あのころは重宝させてもらった。ちょっぴり神秘的で、妙に哀しくて、総天然色のはずなのに、モノクロな映像ばかりを想像して、どんよりした空を見て「明るい」などと言う。今、岩手の沿岸はたいへんな状況だけれど・・・

蒼井優さんも風間杜夫さんを前にすると、その差は歴然だったな・・・朗読というよりも、演技が前に出ていたのは、さすが役者さんたちだった。井上芳雄さんの「雨ニモマケズ」が秀逸。

//

さて、次はいつ?