LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

元ちとせ

LUCID NOTE SHIBUYA

今日はダブル・ヘッダー。タイトでスリリングな組み合わせ。まずは元ちとせさん。

東京のビルボードも、最近は邦楽ミュージシャンの出番が増えてきた。背に腹は的なブッキングもいくつかあって少々残念なのだが、今日は別腹。

今日の元さんは、珍しく靴を履いて登場されて、スツールに腰を掛けて唄われた。彼女のライヴはそれほど経験はないのだが、靴姿は初めてだし、長めのMCも初めてだし、ここまで近い距離も初めてだし、なんてったってオリジナル以外の曲を、例のあの歌声で聴くのも初めてで、なにもかものがとにかく新鮮。お客さんを緊張させないための靴とスツール、とは仰ってたけれど、あの歌声には自然と耳が集中してしまうので、緊張しないわけがない。シンディのTRUE COLORSのアレンジと、ビョークのHuman Behaviourのヴォーカルには震えた。1stってこともあってか、演奏がチグハグな場面もあったけれど、あの美しい笑顔と大胆なステージングで全てが許せたなぁ・・・

案の定、時間を押して始まったアンコール。「ワダツミの木」と「Over the Rainbow」を時計とにらめっこしながら聴く。時間にうるさいビルボードに今日は感謝(笑) ダッシュで二つ目へ。