LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

AYURI(橋本歩&太宰百合)

LUCID NOTE SHIBUYA

180度回転、左右逆転でこうなる。

久々のアウェイ、吉祥寺へ。

こういう場合、どこまで自然体で過ごせるかで楽しめる度合いが決まるのだけれど、橋本さんと水谷さんのお顔を拝見した瞬間に、その課題は一気に解決した。ライヴは、太宰さんと橋本さんのそれぞれのオリジナル曲をメインに、楽譜に表すとどんな譜面になるのか素人には想像すらできない音の数々が、気持ちの良いメロディとサウンドとなって、美しく溢れ出していた。いわゆる効果音なるものを、ここしかないタイミングで効果的に、アナログな楽器ではじき出す彼らの演奏は、イマジネーションとトラウマを刺激する。

後半になるにつれて力技が増えてきて、最後はソロまわしでドッカンドッカン!・・・なんていう約束されたライヴと違って、時間の経過もお酒の量も、すべて聴く側の責任にされるライヴ。なので、すっかり時間を忘れて聴く羽目に。この覚醒的な気持ち良さ、癖になりそう・・・

今日は、慣れないお店で初めて聴く音楽。こういう緊張感もたまにはいいなぁ。明日はかつてないほどに、もっと遠くに行こうかと悩み中です。