LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

Salyu

LUCID NOTE SHIBUYA

入手困難なチケットも、労せずゲットできるビルボードのシステムが好き。

今まではイベントのライヴでたまたま聴けてたのだが、今回はしっかり。

大きく口をあけて「私、歌ってます!」って形相で唄うヴォーカルは、場合によっては生理的に受け付けないときもあるのだが、今日のSalyuさんには、そんな不快感をあまり感じなかった。不思議だ。

彼女の普段のライヴを知らないからかもしれないけれど、腰を掛けて歌っていたことには驚いた。しかも最初から最後まで。座った状態で、あれだけの声が出せるとは。さすがです、安先生。聴く側を緊張させるあの歌声は、ゆるく過ごすにはちょっと押しが強かったようで、フロアのお客さんも、随分と集中してじっくりと聴いているようだった。

暗い中、ピンクの蛍光ネイルがうっすらと光っていた今日のSalyuさん。エフェクトをフンダンに使ったダブル・ギターのサイケなアレンジも、チェロを含めた落ち着いたセットリストも、ビルボードの空間によく似合ってた。やっつけなのだろうけれど、こういう音をさっくりと創れるところがメジャーの技だよな・・・

今回の公演は今日と明日の2Days。どちらも完売、満席だそうだ。もう二度とないかもしれない貴重なライヴ。楽しく過ごせるかどうかは、聴く側のあなた次第。明日も行く方は存分に。