LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

牧山純子 アルバム「Liberta」リリース記念ライブツアー(最終日)

LUCID NOTE SHIBUYA

オーラスのあの熱気。最初に欲しかった。

素人にはその原因が皆目見当がつかないけれど、フロントの音が・・・小さい(泣)

ファーストは、全体的に音がはっきりしなかった。クリヤさんのピアノも、納(b)さんの低音も、なんだかぼんやり。大槻(ds)さんのあのバス・ドラも、全然響いてこなかった・・・ナゼナンダロウ。ライヴの音づくりってのは、ライブなだけに難しいんだろうな・・・

セカンドは、バヨリンがちょっとだけ聴きやすくなってた。それでもサポート側の音は、特に低音がユルユルで、ずいぶんと軽い感じ。おかげであの”Tempo Felice”が、やたらとポップでいい感じに!

クリヤさんと大槻さんの掛け合いも、牧山さんの情熱的なアクトも、観る限りではいつも通りの演奏で、こちらも入り込めそうだったのだけれど、肝心の聴こえてくる音がこれだと・・・ちょっとモッタイなかったなぁ・・・

牧山さんは、スイート・ベイジルでは今日が初めてのリーダー・ライヴだったそうだ。今年の元旦に「手持ちで百枚くらい残ってる」と不安そうに仰ってたチケットもいつのまにやら完売。彼女のこの勢い、今年も続きそうです。