LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

Bunkamura20周年記念特別企画 コースト・オブ・ユートピア - ユートピアの岸へ(初日)

LUCID NOTE SHIBUYA

気合いの10時間半!

色んな意味でお世話になってる文化村さんの、20周年企画の舞台へ。土曜日の丸一日を観劇だけで埋めつくすという、普段は効率だけで生きてるサラリーマンにとっては暴挙に近い行為。今日はそれを敢えてやってみた!

とりあえず、開演10分前まで自宅でぐっすり就寝。11時50分にパっと起きて、パっと着替えて、パっと走って、パパパァっと座席へ。

確保していただいた席は、通常ならステージのある位置で、頭上にはスポットライトが。じりじりと暑い、暑過ぎる。この席でこれから約10時間。脳と体力がどこまで持つか、役者さんらとの勝負!

この七年近く、テレビも映画もほとんど見ない生活を続けているためか、新しい役者さんやタレントさんは、名前もお顔もお声すらも知らないだけに、最初は、誰が誰だか(特に女子四名w)脳にインプットするのにかなり手間取る。

矢継早な台詞も、高能率な舞台セットも、ふやけた脳にはとても刺激的。インターミッションも何度かあって不連続だけれど、実質拘束10時間半は、脳は常にフル回転。最後はランナーズ・ハイならぬヴューイング・ハイに。初日のカーテン・コールは二回。最後はスタンディング。いやはや疲れたけれど、楽しかったぁー!

コースト・オブ・ユートピアは、今日が初日。来月4日までの土日祝日は、この10時間連続の公演がバシバシと続くそうだ。脳の運動不足にお嘆きの方、日本語のヒヤリングが衰え気味の方は是非。エッ? 水野さんのヌードは見れるのかって? 観に行きゃわかるヨ。