LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

BlueBlue(ブルブル)#06

LUCID NOTE SHIBUYA

よっ!副会長ぉっ!

少しずつだけれど、聴くたびに進化を見せてくれているBlueBlueのライヴへ。

なんとなくだけれど、今日はこれまでよりも抑え目なヴォーカルで聴かせてくれた宇治田愛さん。今まではピアノの松村裕二さんの伴奏を、聴いてんのか聴いてないのか判らないくらいに、「私の唱を聴いてぇーっ!」って感じで唄われてたけれど、今日は「私も実はオトナなのよ!」って感じで、いい意味の進化を見せてた。

松村さんのピアノは、男性にしては優し過ぎる音だから、いつもは宇治田さんのヴォーカルと戦っては負け戦っては負けのエンドレスだったけれど、今日はところどころ果敢にチャレンジしして、瞬間的に勝ってた曲も。お二人とも努力してるんだぁ・・・すごいよ彼らは。

欲を言えば、ヴォーカルがリードして聴かせる曲と、ピアノがリードする曲をきっちりと判り易く分けて聴かせてくれるようになれれば、今日のような緊張感の中にメリハリも加わって、もっといいライヴに進化できる思う。

BlueBlueの来月は、4本のライヴが控えてるそうだ。MCでは「ワンマンを目指してる」ようなことを仰ってたけれど、この様子だと、その日もそう遠くないんだろうな・・・

今日の天窓、若者に交じってちょっと年配風の集団がフロアの後方に。その中に、最近は流出でお騒がせのアミューズ、その元社長(現副会長)さんのお顔が・・・お忙しい方のはずなのに、なんて我が子思いな方なんざましょ。でも松﨑さん、最後の拍手、それフライングです(笑)