LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

Kamakura Orindo Special Summer Concert 二人想フ会~七夜月 武部聡志×川江美奈子

LUCID NOTE SHIBUYA

そうです。武部さんの真後ろでニヤニヤしてたのは、私です。

鎌倉日帰りの旅。武部聡志さんと川江美奈子さんのライヴへ。最近は渋谷から逗子まで乗り換えなしで行ける、ことを知る。

2月のライヴを意識してセットを構成したという武部さんのこだわりがファンには限りなくありがたく、わざわざ鎌倉まで行った甲斐もあり、とにかく喜びの笑いの絶えない、お二人の体温がひしひしと伝わってくる素晴らしいライヴ。

川江さんの唄は、大きなホールよりも、これくらいのこぢんまりとした会場のほうが、織りなす音楽の良さもズンズンと直に届いてきて気持ちがいい。ステージとフロアの高さが同じだったのは、後方の席の方々には残念だけれど、そういうところにも気を使われたのか、今日の歌のほとんどは、武部さんがピアノで伴奏、川江さんがセンター立ちで唄われてた。あったかいんだょなぁ・・・やることなすこと。

セットリストやライブの詳細は、コアなファンの方のブログにお任せするとして、オーヴァチュアとフィナーレに、武部さんのピアノ・ソロをもってきてた。これがまた鎌倉スタンダードな感じでなんともお洒落。武部さんのバースディのプレゼントに、川江さんが贈られたという本編最後の”LIFE”。”LIFE”はカタカナで”ライフ”じゃなくてアルファベットで”LIFE”。武部さんのピアノ・スコアに書いてあった。新しいアルバムに入るかどうか、まだわからないそうだけれど、だったらシングルでどお?ってくらい、イイ曲。

ここで帰り際の取材で、わかったことをいくつか。今日のPAは、持ち込みだったそうだ。ピアノは、なにやらものすごいものを数多く所有されてるらしい歐林洞さんだけれど、PAも自前でご用意されたなら、もうカフェとは言わせない。それと、今年も秋にハーフトーンのミュージック・ギグがあるそうだ。昨年は目黒だったけれど、今年はなんとうれしいことに、ここ渋谷で。それと、どうでもいい人はどうでもいいだろうけれど、昨年のギグのOAで唄われた里花さん。ちゃんと音楽を続けてらっしゃるそうで、武部さんも近いうちにまた一緒に演りたい、と仰ってらした。もしかしたら秋にもう一度聴けるかも!

そんなこんなで、梅雨のさなかの鎌倉日帰りの旅。鎌倉から都心まで、毎日通勤されてる方もいらっしゃるとは思うけれど、やっぱり遠いなぁ・・・