LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

clammbon2009 「Re-clammbon tour」

LUCID NOTE SHIBUYA

芸術的で前衛的。洗練されてカッコ良いのである。でもパフォーマンスは、なんだかとってもダサくて可愛い。

どんなときもやけにピースフル。以前はそんなイメージもあったけれど、最近はイイ具合いに煮えてきたクラムボンのプログレッシブなライヴ。ここしばらく、アコースティックなライヴばかりを聴いてたこともあって、これくらいの音圧でも、一気に酔っぱらってしまった。たまに聴くにはちょうどいい感じ。エレクトリックで実験的。気持ちいいね。

アンコールの、2台のTENORI-ONとパイプ・オルガン。やりたかったんだろうなあ。TENORI-ONをステージで使ってるのを観たのはBjorkさんのライヴ以来かも。ガタイは小さいくせに、NHKホールの1階末席でも光の動きがキレイに見えた。ミトさんも、伊藤大助さんも、打ち込みじゃなくてちゃんと演奏されてたのはエライ! パイプオルガンは、使わせてくれー!!!って、拝み倒したんだろうなあ。

クラムボンも数えてみれば10年、だそうだ。デビュー当時の、NHKホールからミスドのエピソードには、ちょっとウルっときた。きっと、10年前の彼らと同じような気持ちで、今日のライヴを聴いてた若手のミュージシャン、いたんじゃないかな・・・。