LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

原田郁子(クラムボン)弾き語り BALMUDA Weekend in 代官山 T-SITE

LUCID NOTE SHIBUYA

ご近所さんのなかでもっとも受け付けない場所がここ。苦手。このエリアのこの雰囲気。

//

情報が回ってきたときほんの少し迷ったけれど、70名限定をすばやくゲット。10年ぶりの原田さんのうたごえ。猿楽町。

彼女もいつのまにか四十路を越えていた。こんなにまぢかで聴いたのは初めてだったが、衰えない声と感性、冴えきった技術と質のある音感。自分の感情を音に乗せ、客側の静かな意識を全身で吸収し、増幅した音に変換してふたたび解き放つ。空高く飛んだり、地底に重く潜ったり。水浴びする小鳥のようにきゃっきゃっと小さく潔く笑う。たった一時間のミニライブはあっという間。

ブランドのプロモーションとして催される企画ライブは、商品と演者のブランドイメージがかみ合わないケースが多いけれど、今日はベストマッチ。原田さんはアートを普段着で奏でる。バルミューダは生活感のない実用家電をつくる。

//

追いかけたいミュージシャンのひとりなのだが、渋谷では彼女の名前を見かけることはほとんどない。きっと彼女は東急じゃなくて京王のひと。