LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

多和田えみ ワンマンライブ “SWEET SOUL TOUR 2009”

LUCID NOTE SHIBUYA

ちなみにパーカッションは岩村乃菜さん。

多和田えみさんの初ワンマン。恵比寿西まで歩く。

多和田さんは、素直で真っ直ぐだった髪を、アフロにパーマしてた。沖縄のイントネーションでお話しされるところは変わってなかった。

関係者の多さも、以前となんら変わってなかった。都合が悪いことに、ここは小さなライヴ・ハウス(兼クラブ)。なので、一般客も関係者もごちゃまぜ。フロア前方は一般客でいっぱいだったけれど、後方のほとんどは色とりどりのシール。「前に詰めて」っていう多和田さんのあのアナウンスは「関係者が困ってるから一般客は前に詰めろ!」っていうのと同じ意味だよな。これだけ多いと個人でお金払って観に来たことが、なんだかバカバカしくなるよ。ライヴを楽しんでるそばで、関係者らの名刺交換合戦は、正直見たくなかったし。こういうとき、東京は損だなって思う。

そんなこんなでライヴのほうは、いまひとつ集中出来ないまま終了。残念。気づいたのは、多和田さんは、喉は強いほうではないこと。瞳がすごいキラキラしてたこと。分からないのは、The Soul Infinityってわざわざネーミングしてる理由。

今回のワンマンはこのあと大阪、沖縄と続くのだそう。かいつまむ感じで若干貧弱だけれど、色々と趣向凝らして頑張ってらっしゃるので多和田さんのファンなら必ず楽しめます。キーワードは、ドーナツと太鼓とSaigenjiさん。あ、GUESTシールがフロアでウロチョロしてたら、気軽に挨拶でもして名刺交換してみるのもいいかも。