LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

川島ケイジ ~デビュー2周年 プレミアムライブ~(2nd)

LUCID NOTE SHIBUYA

不埒な思いで行くライブ。

//

9割9分9厘。ここまで女性ばかりで客席が埋まったJZを体験するのは初めてだ。男性用トイレが嫌味なほど清潔で美しく、そしてさびしい。セルリアン。

川島さんのうた声は1年ぶり。音楽界の重鎮にアイドル歌謡を無理矢理に歌わさた、緊張する甘いマスクの若手シンガー、という記憶とイメージを持ったまま、眺めの良い席にシットイン。

その根拠のない彼への軟弱なイメージは、あの1曲で一気に塗り替えられた。その1曲だけが今日のヒットソング。その後に続いた会場と客層を意識しすぎた甘いセットリストは、もうすでに記憶にない。これだけのバンドメンバーを集めておいて、たった1曲だけというのも(リハも1回きりというのも)、なんだかもったいないけれど、気分はすこぶる爽快。いまはもう、彼のやりたい音楽はきっとこれ、というイメージしか持てないでいる。ご機嫌なロックンロール。これさえ捨てなければ、彼はきっと無敵になれる。

//

生バンドの音っていいよなあ。