LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

POPULAR WEEK 2009 Produced by 大友直人「武部聡志 × 川江美奈子」スペシャル・ゲスト:今井美樹

LUCID NOTE SHIBUYA

遠い上野にするか、歩いて行ける青山の初日にするか、迷いに迷って、結局このお名前にまんまと釣られて上野へ。

昨年に引き続いて上野のPOPULAR WEEKへ。今日は武部聡志さんと川江美奈子さんの名コンビ。

前半の前半、武部さんの歴史を紐解く三曲で、青山の初日なんて速効で頭からふっとんだ。斉藤由貴さんの「卒業」のアレンジって武部さんだったんだ、へぇー! 松たか子さんともお仕事されてたのは知ってたけれど、崎谷健次郎さんともお仕事されてたとは、ほんと歴史を感じた瞬間。川江さんの「もう一度夜をとめて」のサビにウルウル。やべ、もう泣きそう。

前半の後半、川江さんの弾き語りは昨年暮れとほぼ同じだったけれど、「CDにはしてないけれどライヴではいつも大切に歌ってる」っていうセリフに、川江さんの良さを知る。大切に歌うってどんな気持ちなんだろう。「三年目」、やばい、ほんと泣きそう。

後半、お待ちかねの今井美樹さんの登場! う、う、美しすぎる。すーっとすっきりしてて、きらきらしてる。そのキレイな佇まいと絶妙にマッチしたお声に、しばしうっとり。期待通りの「滴」では、お客さんもいっしょになっての恒例の「らぁらら、らぁらら・・・」。おいおい、今井美樹と一緒に声合わせてるぞ俺たち&私たち! そして「PIECE OF MY WISH」。今井さんって、ぐーんとのびやかで、なんだか気持ちいいね。

歌伴はピアノだけなのに、なんでこんなに壮大なんだろう。やっぱりこの会場だからかな。そして、こんなライヴをサラっとやってのけちゃう彼らには、とりわけ武部さんには、いつも驚きと感謝でいっぱいです。ピアノ、始めてみようかな(出任)。