LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

Beat Happening!VOL.28 ~SING AT THE MOON~

今日はアコースティックと銘打ったライヴでした。

カホンとギターとベースのスリー・ピース。藤谷さんのベースを全面に押し出しそうとしたのかどうかはわかりませんが、
ベースの音がやけに目立ってました。だからってのもありますが、藤谷さんの演奏のうまさを今になってようやく気づき・・・(笑)、いやホントに。今日はコーラスの声もほどよく聴こえ、まさにアコースティックでした。

YUUMIさんのMCも、リラックスしたときによく見られるいい感じのユルユル加減。こういうときのYUUMIさんは、ギラついたところがないぶん、とてもチャーミングに見えます。オーラスの”Hundreds of Miles”ではいつも以上に感情移入されてたように感じました。アコースティックにしてはちょっと力み過ぎだったかもしれませんが、それがまた可愛いかったりしました。

本格始動からもうすぐ1年っすか・・・。アコースティックだからっていうのはわかりましたが、それでもなぜカホン?なぜギター?っていうひとつひとつの理由みたいなものが、明確に伝わってくるようなライヴを期待するのはワガママでしょうか?