LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

JUJU autumn premium live 「lush life」

今月の最後に、JUJUさんのライヴへ。なんてまるでこの方をよく知ってるかのような書きっぷりですが、今回もまったく存じ上げないかたでした。そうです。またしてもふらふらっと入ってみたわけです、duoに。

てっきり外国の歌い手さんだとばかり思ってたので、ミニ・スカート姿でロングのソバージュをうしろで束ねたケバいねーちゃんが出てきて日本語をしゃべり始めたときは、正直めんくらいました。

聴いてみると、「東京では初めてのワンマン」で、「来月には初のフル・アルバムをリリース」するんだそうで、なかなかどうして実力派のかたのようです。アンコールのオーラスで歌われた曲で、奇跡がなんとかっていうのが個人的には今回のヒット、と思ってたら、なんとPVなんかも作られたそうで、どうやら代表曲のようでした。欲を言うなら、今日のようなギューギュー詰めの中で聴くよりも、ちゃんとテーブルがあって、リラックスした雰囲気で聴きたい、そんなステージングだったような気もしてます。

それと、ご本人にはまったく関係ありませんが、今回のDUOは、客、入れ過ぎです。1Fのフロア後方の壁によりかかって見てましたが、ご登場の際の一瞬だけしか、ご本人さんのお姿を確認することができませんでした。(フロア後方はスタンディングというか立ち見。前方はちゃんと席がありました)

アンコールが始まってお客さんが微妙に移動したころ、やっと歌ってるご本人を発見! でも、おとなりにいた、ひとりで来ていたっぽいファンの方(女性)も、最初からおなじ状況でつまんなそうな感じだったので、見えるようにスペースを譲ってあげました。ま、ふらふらっと入ったライヴですから、贅沢は言いませんけどね・・・。