LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

someno kyoto opening month「パワーアコガールズ」

LUCID NOTE SHIBUYA

よくもまあここまで似たような方々を。

//

バンドで歌うほうが良さが際立つ女性シンガーがアコギで歌う対バンイベント。せっかく京都まで来てるので4組全部書いちゃうぞ。南車屋町。

オープニングアクトは奈良から出張、やましたりなさん。子音の発音が昨今の若者特有のアウアウアー。歌詞をうまく聴き取れないのはこっちがオッサンだからかな。応用は基礎があってこそ。だれもにでも伝わる発声は大切。

4組のうち唯一地元京都のシンガー由里美奈さん。バンドでライブしたときに覚えたアレンジをアコギで応用。素晴らしい。アウェイな環境で歌う姿ばかり見てきたけど、今日はしっかりホームポジション。歌に没頭する由里さん、かっこいい。

渋谷のイベントでしょっちゅう出くわす岐阜出身の見田村さん。今日もルーパーぐるぐる。途中でやり直せない性格のせいか、イッパツ本番はハイクオリティ。4組中のだれよりも熱い思いで聴くものをねじ伏せる明日なき熱唱。アウェイ感ゼロなのも素晴らしい。

対バンで聴くのは初めてのLOVEさん、激レア。地元の大阪でもなく、拠点の東京でもなく、しかも今月オープンしたばかりの小さなハコ。なぜか不十分な告知、駆け付けてきたファンも数えるほど。さらに今日はいつもの美人マネージャー兼社長さんの姿も見えず・・・。だ~れもいないことをいいことに、やりたいホーダイ、うたいホーダイ。この活きの良さ(笑)。東京でのLOVEさんは、やっぱりネコカムリだったのね。自分で自分を縛る窮屈そうなライヴよりも、この開放感たっぷりのLOVEさん。スンゲー魅力的。10年目にしてようやく見えたこの姿。京都まで来てよかった~。

//

明日には渋谷に帰ります。