LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

菅野恵 Special Live「Delightone」東京編

LUCID NOTE SHIBUYA

めぐみとみゆきのツーマンショウ。

//

月初のシナガワに続いて本日はシモキタ。代沢5丁目。

久々に間近で聴く畠山さんのうた声になかば興奮気味に過ごす。畠山さんのライヴって毎回異なる印象を受けるんだけど、そんなアラカルトな活動の中でも小池さんとのデュオは逸品。Coffee & Musicを軸にオリジナル曲とカバー曲を取り混ぜた、腹いっぱいの40分間。中でも、まさか歌ってくれるとは思ってなかったあの品川での名演を再演。これを小池さんのギターだけで歌ってくれちゃうもんだから、畠山さんの「なにもなかったけど楽しかったころ」の想像と、5年前からなんども見てきた気仙沼の風景が、脳内を幾度も循環してもうナミダぼろぼろ。これ音源にしてくれないかな。何度も聴きたい。

菅野さんはお名前だけは何度か耳目にしてたのだが、本日初聴。畠山さんとはタイプの違うステージングと歌いっぷりの垢抜けなさがいいね。震災以降、東北出身のミュージシャンをどうしても贔屓目に見ちゃうんだけど、おおむね共通しているのは、やさしいんだよなぁ、音楽が。で、ちょっぴりさみしい。そう、まるであのうたの世界(笑)。

//

このおふたりの共演の再演が決定!。ちょっと遠いけど、もう一度メロディー聴けるなら行きたい!