LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

畠山美由紀 15th anniversary LIVE “Fragile”

LUCID NOTE SHIBUYA

ジョニ・ミッチェル再び。

//

5年ぶりに畠山さんの教会ライヴへ。北品川四丁目。

先月初旬の渋谷でのイベントで、ジョニ・ミッチェルへの愛と蘊蓄を滔々と語る畠山さんを思い出しながら聴く。畠山さんのこの恒例ライヴは、カヴァー曲を中心に所々にオリジナル曲をちりばめつつ進行するのが通例、ということを初めて知る。グレゴリオ聖歌から始まり、ジョニ・ミッチェル、トッド・ラングレンなどの洋楽ものから日本の童謡唱歌までと幅広い選曲で、これぞヴォーカリストなセットリスト。極め付きはharuka nakamuraさんリクエストの「メロディ」。くーっ、たまらん。

鍵盤、太鼓、弦×3、管×2、コーラス×2の、のべ10名という大所帯が奏でる音の数々は、教会独特のリバーブ効果と相まって、ワオーンワオーンと響き返しで聴きづらかったけれど、それをヴォーカル力で抑え込んだ畠山さんの歌ヂカラ。2時間弱があっちゅう間。いいライブだったなあ。

//

美由紀さんのライヴは今月もうひとつ。