LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

山下達郎「PERFORMANCE 2015-2016」40TH ANNIVERSARY(58日目)

LUCID NOTE SHIBUYA

This land is your land.

//

達郎さんのデビュー40周年記念ツアーの2回目の東京公演の初日。神南2丁目。

人生2度目の達郎さんのライヴ。前回同様、一般枠のチケットで今回も3階席。達郎さんもおっしゃってたけど、NHKホールの3階席ってすこぶる音がいい。バスドラやベースの低音域がいくぶん軽く聴こえる以外は、文句のつけようのない音。ステージも俯瞰で見えるので演者さんの動きもはっきり。もっと大きなホールやドームでこの位置だと、演者さんの動きと聴こえる音がズレるんだけど、それもない。いいホールだなあ。達郎さんが会場のキャパにこだわる理由って、こういうところにあるんだろうね。

ツアーも途中なのであんまり内容まで書かないほうがいいんだろうけど、今日の涙腺決壊シーンはあのコーナーのあとの2曲目。ウッディ・ガスリーのあのフレーズは反則だよ。岩手公演を途中で切り上げたのも、そういうことだったんだなあ。それ以外はもうほとんど笑えて明るく楽しい楽曲ばかりで、依然として達郎さんのCDは1枚も持ってないけど、持ってないけど、持ってないけど、そんなファンでもない一見さんでもなぜか知ってる曲のオンパレードの3時間半。ファンのことをよくわかってないとできないライヴだと思う。さすがだなあ。また行きたいなあ・・・一般枠で。

//

こんなにいいライヴに行っちゃうと、次に行くライヴはハードル高くなってるから楽しめるかどうか不安になる(笑)。