LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

1st full album「わたしのこえ」リリースツアー “きみをおもう”(ワンマン公演)

LUCID NOTE SHIBUYA

ライヴなのにモッタイナイ。

//

四か月ぶりに沖さんのライブへ。宇田川町。

おどろいた。ハタチ前後はほっといてもオトナになる時期なんだろうね、身も心も。沖さんもずいぶんと顔がシャープになっていて、四か月前のあのあどけなさはすでにどこかに置いてきた感じ。これからもっといいオンナになってくんだろうなぁ。

でも今日の彼女の歌は、半径2メートルで終わってた。ギター抱える姿は決してカッコよくはないけれど、楽曲もいいし、大人な表情も見えてきたし、歌への熱量もふんだんなのはわかったけれど、それが自分の周りだけでぶすぶすと燃えてる感じで、最後までこっちにまで届いてこなかったなぁ。

小さなライヴハウスってミュージシャンの生の音と生の声を間近で楽しめるっていう良さがあるけど、それはステージに立つ側にも言えることで、リスナーの生の声が聞ける絶好のチャンスのはずなのだが、沖さんはそれをことごとく聴き逃してきたんじゃないかなぁ。リスナーとの距離感をうまくつかめずにいつの間にかフェードアウトしてったミュージシャンを数多く見てきたけど、沖さんにはそういうミュージシャンにはなってほしくないなぁ。今日もこっちは諸手を挙げて待ってたんだけどね・・・もっとこっち来こんかいっ!って感じ。せっかくのワンマン、ひとりよがりはもったいない。次はブリッツかぁ・・・ちょっと遠いなぁ。

//

さしづめ9月はあと2本くらい。