LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

Saigenji LIVE

LUCID NOTE SHIBUYA

新旧。出会いにて。

来年、三十周年を迎えるプラッサへ。Saigenjiさんのライヴ。北青山三丁目。

お隣に、今日の場には決して似合うとは言えない初老の男性。以前は某商社に勤務されていて、若年のころにブラジルに5年ほど駐在されたことがあったそうだ。丁度ボサノヴァが頭角を現した時期で、ジョビンのライヴを何度も体験したこと、カーニバルは路上の喧騒だけでなく、屋内もものすごい状況になること、プラッサの店主とはそのころにブラジルの現地で出会ったこと、プラッサは楽しかったそのころを思い出せる、東京では唯一のお店だということ等々、丁寧に静かに、そして嬉しそうに話してくれた。

ライヴ会場での出会いの最初は、音楽だけが共通の話題なだけに、リアルな損得勘定の働かない、不思議な間柄から始まる。次に会うための約束もない、哀しいほどに淡い出会いだけれど、Saigenjiさんのギターの躍動音とリアルなウタゴエが響く中、世代や場所が違っても不変な音楽のパワーを知る。いいライヴだったナァ・・・

今年も残り二週間。見失った自分のペースを取り戻すには、もってこいだな。