LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

Women in JAZZ チャリティ・ライブ 途上国の女の子に笑顔を!

LUCID NOTE SHIBUYA

ヒアイとヒワイ。

音楽関係の某方から頂いたチケットで行く。湯川れい子さんの隣席。丸の内三丁目。

守屋さんのビックバンドをバックに、平賀さん、土岐さん、megさん、阿川さんの順。司会進行にはクリス智子さんも(上手い! 咬まない! 聴きやすい!)・・・みんな女子。そんな中、バンドの最前列に近藤(sax,fl)さんのお姿が!(唯一の希望の轍w)

平賀さんは初めて聴く。彼女のジャズは、ひと昔前の演歌だ。あの歌唱、年配の田舎っぺなオヤジたちにはたまンないンだろうなぁ・・・

土岐さんのジャズは、苦笑なMCも含めて渋谷カルチャーなポップス。こういうイベントの二番手としては上出来だったけれど、ちょっとアウェイ感(笑)

休憩を挟んで、megさん。久しぶりに聴く。アイドル時代もそうだったけれど、身振り手振りが夜の銀座とかこの辺っぽい。そんな色眼鏡で見ても違和感がないのが逆に残念。彼女のジャズは昭和歌謡だ。

圧巻だったのは阿川さん。初めて聴く。エンターテインメントなジャズ。彼女の登場でビックバンドがやっと機能した。それまでの出演者は実は前座、みたいな(笑) 歌そのものはピンとこなかったけれど、あのパフォーマンスはこういう大きなホールでは映えるし、テレビ的で面白いね。

チャリティの主旨をメッセージすることはとても大切だとは思うのだが、出演者にMCでそれを滔滔と述べさせるのは、ちょっと野暮ったい。こっちはそれもこれも了解済みで席に着いてるわけで、あとは音楽だけでいいんじゃないかな。

お隣の湯川さん。お連れの方と来春公演予定のライヴの相談をされていた。耳をダンボにして盗み聴きしてると、なんと会場が渋谷の・・・!!!・・・行こうかな(笑)