LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

maiko

LUCID NOTE SHIBUYA

最近は芝居を観るのにだって避けてしまう街。アウェイなんてナマ易しいものじゃなく、もう海外に近い(笑)

平岡さん(男性のほう)が平岡さん(女性のほう)と初めて組んで、平岡さん(男性のほう)はアップルジャンプで初めて演奏するってんで、しかたなく(あ、いやホントはかなり期待して)行くことにした。池袋。

振り返ってみると、今週は月曜火曜に続いて三回目のmaikoさん。舞子週間だ。そもそもオリジナルをまったく聴けていない前の二日間。なので今日はたっぷりと。

maikoさんのメロディの秀逸さとシルキーなバヨリンの音表現は、平岡さんのアレンジと酔いの回るギター伴奏と相まって、聴いてる間に、いろんな想像と妄想と回想で、頭と体と空間が彩られる。気持ちいいー! 期待以上のライヴ! これだけ短いって思えるライヴもひさしぶりだ。こういうライヴなら毎日仕事帰りに聴いてもいいナ・・・なんで渋谷でやんないのサ。

LUCID NOTE SHIBUYA

Trust Your Heart(心の感じるままに)/ maiko

SFJP-2002 / ¥2,100(tax in)

そんなmaikoさんのファースト・アルバム「Trust Your Heart」。しっかりなメロディと軽めのアレンジが聴きやすいです。派手さよりも優しさ、ダッシュ力よりも持続力、無邪気さよりも可憐さ、そんなバヨリンの音をお求めの方に。今の季節ならタイトル通りのM6からM7に流れるあたりが超おススメ。

やっぱり池袋は遠いわ。今日のように余程のことがない限り、もう行かない