LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

U-Q

LUCID NOTE SHIBUYA

U-Qって、有給?

閉店へのカウントダウンが始まったSPUMAへ。今日は、水谷美月さんと宮原永海さんの対バン。さすが人気のおふたり。すごい込み具合。ゆったり過ごすには、なんだか落ち着かない。

水谷美月さんはフィドルを片手に歌も唄ってしまうテクニシャン。少し低く深いトーンが優しく浮遊する感じの歌声で、どんなアレンジでも合いそうないい声。広い空にふわっと浮いて、見下ろすと広大な自然が広がる世界感。こんな表現ができちゃうなんて、すごい。フィドルの腕前もなかなかで、ケルティックを得意気に弾かれる。うまい! 音が頻繁に割れてしまったのは、音響の所為じゃなく、バヨリンの仕組みに原因がありそうだった。プラグをボディに挿し込むタイプのバヨリンだったけれど、マイクから直接で音を取るようにすればOKだったのに・・・ちょっと残念。ケリ・ノーブルさんのカヴァーがナニゲにヒット。若いくせにやってくれるわ・・・すばらしい!

宮原永海さんは、やっぱり声が好き。歌は決して上手くはないけれど、微妙な日本語の発音とこなれた発声が気持ちいいのである。最後のアンコール。さすがミュージシャン仲間。選曲に間違いがない。やるな、おぬし。

蛇足だけれど・・・一昨日、某都内のバス停で宮原さんをお見かけして、そのまま同じバスに乗って、隣り合わせに座ってたことを、ライヴ終了後にご本人に確認してみた。すごい偶然! 眉毛がなくてスッピンだった彼女に声をかけるのは悪いなあと思いつつ、しばし一緒にバスに揺られた。・・・なんてことを気さくに聴いてくださった宮原さん。ありがたいひとときでした。どうもです。

そんな気さくな宮原さんだけにお仲間も多く、今日のお客さんも豪華絢爛。我々一般リスナーと同じくらい、関係者というか音楽仲間や声優さん仲間の方々でいっぱい。個人的には久しぶりに今野多久郎さんの生顔が見られて超ラッキーでした。

そして、SPUMAは残り約20日間。今月はいつもより多めに伺います。