LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

ZAIN Presents ~姫祭り~

LUCID NOTE SHIBUYA

雨の水曜日。渋谷税務署で素敵なひとときを過ごす。

今日のBAJは、四組の出演者。ヴォーカルは全員、ZAIN系の女子。以下、今日の歌姫四人衆(出演順)。

美元智衣(みもとちい)さん。内向的な歌詞とフラジャイルなルックス。相談にのってあげたいタイプ。もっと胸を張って自信を持って前進していけば、未来はもっと明るい。低音が魅力的。トーキョーへの偏見はなくそう。渋谷界隈で活動されてるので、そのうちまたお会いできるかも。

ヤスミンさん。ゴージャズなルックスで、昭和歌謡風なメロディをブルースなアレンジで歌う。そんなフェイクなところが徹底的にミステリアス。お声は決してブルース向きじゃないはずなのに、ずいぶんと上手に歌を歌う。いろんなお顔の持ち主。美人には気をつけよう。

かとうあすかサン。三度目の歌声。やっぱり彼女の声はツボ。今日も全編カヴァー曲。ファンも、そしておそらくご本人も、そろそろオリジナルを望んでます。次のライヴの告知がなかったのは、至極残念。

organ’s cafeの加藤沙香菜(かとうさかな)さん。年下に、お人形さんみたい!って言われそうなくらい、色白で可愛らしい。豊かな表現と大人な表情は決してお人形ではなく、むしろ躍動的でライヴ感は満載。オリジナルの合間にMCに絡めた童謡を盛り込むところもライヴっぽい。彼らのワンマン、楽しめそう。

今日のイベント・タイトル、ちょっとチープな響きも感じるけれど、四人の歌姫のみなさんは、どうやらお気に召されてたよう。発案者はきっと、駄洒落の大好きなオジサン・・・だよな。