LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

TOKI ASAKO LIVE 2018 “SAFARI TOUR”(最終日・香川公演)

LUCID NOTE SHIBUYA

また会えるまでは このときを忘れないでいて。

//

土岐さんのサファリツアー、今日が最終公演。常磐町1丁目。

その音はライブの中盤からDIMEの床をうねり始めた。階下もライブハウスというビルは渋谷にもあるが、これほどまでに下からの音が響いてしまうハコは経験がない。メインスピーカーが故障したのかと勘違いするくらいに、その雑音と地響きはクリアに耳と身体に侵入してきた。こういう場合、演者は無視を決め込むしかないのだが、その突発的で想定外のストレスは、今日のライブに大きく影響したように思う。土岐さんのそのストレスへの気疲れがピークに達したのはライブの終盤。徐々に盛り上げていくためのとっかかりを務める重要な楽曲「PINK」。うたの途中から土岐さんの集中力と意識が飛び始めた。なんとかいつもの自分を取り戻そうと必死に声を張る土岐さんは、かなり苦しそうだった。歌っていても笑顔はなく、気を集中するために目を閉じて歌うシーンが長く続いた。客席もその姿をしっかりと受け止めようと努力していたが、なにしろ階下からの音は鳴りやまない。となると客席が取れる手段はこれしかない。土岐さんと同じように無視を決め込み、一緒にそのストレスと戦う。そう、演者と苦楽を共にするのだ。立て、立つんだ、ジョーっ!

香川のお客さんは、優しさと辛抱強さの両方を兼ね備える良質なお客さんだった。本編最後の総スタンディング。これまでとはちょっと違う心理と雰囲気だったけれど、うまく成功。アンコールの1曲目の「名前」。鍵盤だけで歌う静かな曲だけれど、土岐さんもトオミさんもお客さんもノイズに負けずがんばっていた。そんな気持ちいい香川のファンのために発表されたクリスマスツアーの開催。また香川がトリかよ、うらやましいぞ、おい。ただし、会場はここ、DIME。当日は階下でイベントをやってないといいね。

LUCID NOTE SHIBUYA

最終公演の記事だから初日から楽日までのいろいろを総括、と思っていたのだが、いまはなんだか感無量、呆然自失、意識薄弱、気分は土岐ロス。なので、珍しくセットリストを載せてお茶を濁すことにする。土岐さん、ありがとうございました。

TOKI ASAKO LIVE 2018 “SAFARI TOUR” Setlist

  • 1. Black Savanna
  • 2. Flame
  • 3. Blue Moon
  • 4. Fancy Time
  • 5. STRIPE
  • 6. FANTACY
  • 7. Cry For The Moon
  • 8. mellow yellow
  • 9. She don’t Use Jelly
  • 10. Beautiful Day
  • 11. SUNNY SIDE
  • 12. Peppermint Town
  • 13. CAN’T STOP feat. トオミヨウ & 玉木正太郎
  • 14. PINK
  • 15. Rain Dancer
  • 16. BOYフロム世田谷(北海道・石川・福岡・熊本を除く)
  • 17. SHADOW MONSTER
  • ENC1. 名前
  • ENC2. きみだった