LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

山中千尋 ニューヨークトリオツアー2008冬「プラヴォーグ」

LUCID NOTE SHIBUYA

せっかちと汗と追加公演。

今日もあおいち経由。行き先は勝どき。

山中さんのライヴへ行く。ここ最近、ジャズの生音にもだいぶ聴き慣れてきたけれど、こういう畏まったホールで聴くのは新鮮。音がぐるんぐるん廻って聴こえて、なんだか高尚だわ。本音を言うと、もっとカジュアルなほうが過ごしやすいンだけど。

山中さんのメロディアスな長めのインプロは、予定していた曲目をせっかちに変更させる。新しいアルバムのタイトルがそのままライヴのタイトルなんだけれど、そのアルバムからの曲がやけに少なく(結果的に)。

多用する転調が特徴のひとつだけれど、ライヴではそれがまったく安っぽく聴こえないのも特徴で、汗だくになりながら、いつも全力ダッシュな演奏がそれに輪をかける。肩から大きく開いた背中全体がうっすらと汗で濡れてキラキラ光ってた。隣の女子らは、ぷるぷるのない二の腕にウットリしてたけど。迫力は決して強いほうじゃないのに、彼女の演奏にはいつも圧倒される。不思議だ。

明日はこのツアーのオーラス。神田で追加公演だそうです。金額が今日よりもちょっと高めだけれど、小さな会場なので間近で楽しめるそうです。お時間ある方はぜひ。