LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

露崎春女 Harumi Tsuyuzaki 「13years」 Release Live

LUCID NOTE SHIBUYA

13年、振り返るにはまだ早い。

平日のハーフ・スタンディングのduoへ。頻繁に立見客のスタミナを心配されてたけれど、ゆってるほど年配の方は居ないと思われ。

緊張感と緊張は違うものだってよく言われるけれど、微妙に空回りしてたなぁ、良い意味で。旧いファンがほとんどのフロアにとっては、きっと期待どおりのライヴ。初期の露崎さんを知る人! Lyricoさんになってから知った人! と、ここまで聞いてて、再びリネームしてから知った人って、なんで聞かなかったんだろう。

せっかちなMCが、R&Bには重要な「凄味」みないなものを台無しにしてた。13年分の良いところを、掻い摘みながらいっきに聴かせるのはいいのだけれど、新しい曲と懐かしい曲とのギャップがやたら大きくて、ノッてきたなと思ったら、え゙ぇっ?ってなったり。まったくのご新規さんには、少々乱暴なセットリストだった・・・かも。フロアに人気のあった曲にはどうもついていけず、新し目の曲にはしっかりカラダが反応。不思議なもんです。

コアなファンが喜べばイイや、みたいなライヴはこのへんで終わりにして、せっかくリネーム・アゲインしたのだから、次回からは新しい何かを期待、です。