LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

Chihiro Yamanaka Live 2008 Summer

LUCID NOTE SHIBUYA

音楽は、どこにいても楽しめる。

当日券があるというので原宿へ。ピアノ、ベース、ドラムスの3ピースで、全曲のほとんどがインプロビゼーション。そこへもってきて彼らの掛け合いの表情がはっきりと覗える席だったので、そればかりに視線と思考が集中しがちでしたが、充分に楽しめました。

山中さんは華奢に見えて実はかなりの筋肉体質のようで、世の女子があこがれる「決してプルプルなんてしない二の腕」の持ち主。踊るようにカラダを激しく動かす演奏スタイルで、どうしてクエストなのか若干の違和感も感じつつ・・・さらに事前のセットリストもあってないようなライヴになってしまったようで、次はどの曲にしようか考えながらの構成は、やっぱりクエスト向きじゃなかたんじゃないのかな・・・。

汗だくになりながら、一生懸命に終始全力疾走な演奏で、終盤のあの盛り上がり方なら、最後はスタンディングなんでしょうけど、クエストっていう場所がよくなっかたのか、今日のお客さんは最後までお上品でした。

個人的はこういう演奏スタイルは大好きなので(しかも最近ジャズづいてるし)最初から最後までいい気分で楽しめました。どんな場所ででも演奏者についてけるよう、現在修行中です。