LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

ヴァイオリニスト 宮本笑里 デビュー・リサイタル

今回は、芸術の秋ということで、クラシックのライヴに行ってきました。演奏者はとってもかわいらしい方で、いろんな方面で人気のある方、のようでした。都合、インターミッションまではホール内で、後半とアンコールは、ホール外のモニター画面で楽しませていただきました。

宮本さんの、カンペを堂々と見ながらの初っ端のごあいさつ(MC)には、正直、度肝を抜かされましたが、その後の演奏は堂々としてて、ある意味うらやましさを感じました。

個人的にはクラシックの知識はまったくの素人なので、バヨリンの演奏テクニックとか、どの曲がどのように難しいのかとか、どんな演奏が良くて悪いのかとか、誰が作曲したのかとか、いつごろの曲でどんな背景がその曲にはあるのかとかなどなど、もろもろの基本知識もないまま聴いていましたが、少なくとも、宮本さんの新人たる初々しさと懸命さは、その演奏スタイルから感じとることができました。ご本人もいっぱいいっぱいだったのかもしれませんけど、聴いてるほうもいっぱいいっぱいでした・・・(笑)。

後半が始まってすぐに、ホール外で女性スタッフのチーフっぽい方に、今日のセットリスト(クラシックではプログラムと言うらしいです)を尋ねたら、そこで販売されてたCDの中にいくつか収録されている、ということだったので、(その他いろいろ気を使っていただいてありがとうございました)買って今聴いています。

でも、たとえうまい演奏ではなくても、新人だろうがなんだろうが、CDのデジタル音を聴くよりは、ライヴで生演奏を聴くほうが、やっぱりイイな・・・。