LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

西村由紀江 コンサートツアー 2007 「あなたが輝くとき」

芸術の秋の第二弾ということで日本青年館へ行ってきました。

てっきりクラシックだと思い込んでいたので(相変わらず無知でスミマセン)、少々拍子抜けしつつ席についたのですが、
日本青年館の大ホールには歴史さえ感じさせる重厚な緞帳があって、しかも、前ベルも1ベル、そして2ベルとちゃんと鳴らすんですね。開演前のイヨイヨ感が味わえる良いホールでした(シートは硬いけど)。

オープニング。思ったよりも速いスピードで緞帳が上がって、バックライトを浴びた影絵のような西村さんのお姿を見てビックリ! ずっと”ファット・ママ”なかんじの方だと思い込んでいたので(ほんとになにも知らなくてスミマセン)、ほっそりとした、とってもきれいなお姿に、カンドーすら覚えました。

前半。複数台のカメラで捕らえた西村さんのライヴな映像がスクリーンに映し出され(別に姿が見えないくらい大きな会場じゃないんですけどね・・・)、テレビ出演や映画音楽制作に絡んだMCとその演奏(すみません、テレビ持ってないので、話題についていけませんでした・・・)、自叙伝的エッセイの核心的エピソードの紹介などといった盛りだくさんなコンテンツを(近いうちに読んでみます・・・)、テレビ的な演出と効果で、会場のファンを魅了してました。

・・・正直、つまんなかったです。しかも、バックはカラオケだし。

ところが後半。真っ赤なドレスに衣装を変えて登場した西村さんの、まさにライヴな演奏には、さすがにグッと引き寄せられました(愛してるよって言われたときみたいな感じ)。待ってました!とはこのことで、どうしてこれを最初からやってくれなかったのか・・・。

終演後。後半で演奏された曲が収録されてるという最新のCDを購入し、めずらしくアンケートなんかにも協力しつつ、購入者限定の握手会に並ぶ方々を、横目でチラ見しながら会場をあとにしました。会場の外では、明治神宮野球場から地響きするような野球ファンの声援が、ものすごい圧力で迫ってくるのを感じました。すっごいライヴ感。

これと同じくらいのライヴ感を、1台のピアノの演奏ででも味わいたいと願うのは、わがままなんでしょうかね・・・。