LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

宮﨑薫 ~鎌倉LOOP OPENING LIVE~

LUCID NOTE SHIBUYA

鎌倉と言えば、ハラさんちのユウコちゃん。渋谷からヘッドホンでずっとそれ。

//

いい風吹いてたなあ。材木座6丁目。

宮﨑さんの初ワンマン&新盤リリースの合わせ技ライブ。三連休初日のランチタイムに鎌倉って、どんだけ人呼ぶ気ないんだよ(笑)・・・なんてお気楽に思っていたのだが、ふたを開けてみたら大概の予想を裏切って、立ち見で入口が塞がるくらいの超満員。なんだか人が集まりすぎちゃったせいか開演も30分押しという・・・これ都内でやってたらもっとたいへんだったろうなあ。なにやら全国から集まってたっぽいし・・・宮崎薫、恐るべし。てことでまずは、今日のセットリストを確認。

  • 01. ふたり
  • 02. 君と空
  • 03. One-Sided Love
  • 04. ByeBye
  • 05. ふたりのシナリオ
  • 06. 愛する人
  • – intermission –
  • 07. The Rose (cover)
  • 08. 愛がここにあること
  • 09. カルマ
  • 10. cry(cover)
  • 11. 陽は昇る
  • 12. Look Back
  • – – –
  • EN. 家へ帰ろう

全13曲のうち、初聴は以下の3曲。「カルマ」は音源にするにはちょっと憚れるくらいに切れ味鋭いエッジの聴いた歌詞。賛否分かれそうだけど、いろんな人に聴いて欲しいな、ていうかまた聴きたい。「cry」はカバー曲らしいのだが、まったく知らない曲。ご本人に聞きそびれちゃったので知ってる人いたら教えてください!。「Look Back」は今日一番聴きたかった曲。今まで行ったライブでは歌ってくれなかったんだけど、本日やっと。オイサンこういう三拍子にはめっぽう弱いのだよ。

ちょっとだけNGだったのは、音響のせいもあるんだろうけど、全般的に演奏が若い。ちゃんとした会場だったらもっと粗が目立ってたろうなあ。まあその分、ヴォーカルの良さが際立ったからよかったとも言えるんだけど。がんばれ、近ちゃん(笑)

なにはともあれ、1年でここまでこぎ着けたってのは大きいよ。今後にも大いに期待。しばらく渋谷では演ってくれそうもないので、まずは新盤、しっかり聴き込みます。

LUCID NOTE SHIBUYA

撮影協力:宮崎薫さま

//

鎌倉のループ、4月以降も続けるらしい。ま、もう行くことないだろうけど(笑)