LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

PARCO produce ミュージカル『キャバレー』(東京公演・初日)

LUCID NOTE SHIBUYA

長澤まさみさんの舞台。絶賛コンプリートちゅう。今回で4作品目。

//

休憩時間も芝居のうち。西麻布1丁目。

さっきまでセリフを回してたのに突然歌い始める役者さんたちの様子がとてつもなくシュール・・・それがミュージカル(笑)。音楽ライヴばかり行ってると、こういう摩訶不思議な歌の世界はとても新鮮。セリフ→歌→セリフのループとスイッチングには最後まで慣れなかったなあ。原曲のメロディに無理に当てた日本語の歌詞。曲に詞がノってない典型なんだけど、これがずっと続くと見えるものも見えなくなるし、笑えるものも笑えなくなるという不思議。音楽ってすごい。

ストーリーはいたってシンプル。にもかかわらずコメディに傾倒しすぎたせいなのか、軽るく薄っぺらい印象が最後まで続く。第一幕の終わり数分のシークエンスの演出が絶妙だっただけに、第二幕のモノ足りなさと言ったらもう・・・。

//

これで13,000円かあ・・・サザンより高いじゃねえか。