LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

平井真美子 Piano Diary Salon ~ あしたに紡ぐ ~

LUCID NOTE SHIBUYA

目と鼻の先。スープのさめない距離。以前は同じ町内会。

//

そんな平井さんの隠れ家へ。松濤1丁目。

映画館で映画を観るなんてずいぶん前からご無沙汰してたのだが、平井さんに影響されたのか最近は観に行くことが徐々に増えてきた。昨晩も新宿で舞台挨拶付きの映画を観てきたばかりで、最近はそのサントラを部屋で流してたりもする。聞き流すだけで脳内で映画のシーンが浮かんでくるサントラを聴くことは、平井さんのライヴを前にちょっとした準備運動のつもりだったんだけど、ライヴはCDと違ってただ聞き流すだけじゃものたりなくて、やっぱりココロもカラダも音に集中してしまった。終わった後にぐったりと心地よく疲れる平井さんのライヴはやっぱり好きだな。

平井さんの音楽って、銀河鉄道とか回転木馬、紙ひこうき、雲とか、脳内で映像やシーンに変換しやすい楽曲も多いけど、ただ聞き流すじゃそのシーンまで辿り着けない楽曲もあって、それをライブの絶妙なタイミングで演奏されるとオォっ!ってなる。鏡っていい曲だなあ。平井さん本人に近づけた気分になれる。で、ますます好きにさせるという麻薬のような曲。ま、妄想だけどね(笑)

//

というわけで、劇伴もいいけどオリジナルの新作もそろそろ是非っ!