LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

TOKI ASAKO LIVE TOUR 2015 “Bittersweet” ~子曰、四十而不惑。麻子曰、惑うなら今だし。~ (4日目)

LUCID NOTE SHIBUYA

玉木さんのシェーカーが今日の目玉。

//

今の土岐さんにキャパ140の会場は狭すぎるね。国分町3丁目。

始まるまではそれほどでもなかったのに、土岐さん登場の瞬間に一気に火がついた会場は、のっけからすさまじい圧力が客席から沸き上がった。このノリ、最後まで続くのか心配だったけど、だってもみんな若くないわけだし、でもステージも客席もすごい集中力で最後まで乗り切った120分。土岐さんはステージでは客と目線を合わさないヴォーカリストだから、どれだけ近い席でも距離感を保ちやすく、音に集中できるのがいいね。弓木さんのギターは今日もぎゅんぎゅん飛ばしてた。技が決まったときの笑顔がキュートでかっこいい。玉木さんの突然のシェーカーは独特のリズム感。土岐さんもふりかえしながら笑ってたけど、この親密な空間だからこその演出。大きな会場でこれをやったら浮いちゃうだろうなあ(笑)

松山に続いて2度目の参加。アンコールの一曲目を除いて同じセットだったけど、やっぱり2度目ともなると短く感じるね。あれだけ盛り上がってたのにもう終わり?って感じが、せっかく仙台まで来たのにっていう気持ちに置換されて、残りの公演にも行きたくなったよ。今回の土岐さんのツアー、かなりオススメ。

//

広島行きたいな・・・。