LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

鬼武みゆき & 畠山美由紀 ふたりの”ミユキ”が送る、歌とピアノのデュオライブ ~処女航海~

LUCID NOTE SHIBUYA

久々のレアもの。

//

先月に続いて今月も、鬼武さんのウィズ・フレンズ・ライヴへ。中目黒五丁目。

今日は、オーチャードを一杯にし、ブルー・ノートも即日完売にした、あの畠山美由紀さんがフレンズ・ゲスト。畠山さんの、普段ではなかなか見られないユルユルなステージに、手を伸ばせば届きそうな至近距離で対峙する客席は若干緊張気味。

お互いの共作、オリジナル、ジャズ・スタンダード、ボサノバ、そして今日が初披露のそれぞれの新曲等々を、ミユキが弾いてミユキが唄う。ライヴは、曲間に愉快なMCをはさみこんで、一曲ずつゆっくりと今を確かめるように進む。

鬼武さんのライヴでは、音づくりの技術的な側面を紹介するMCもあって、素人には興味津々。今日は、ヴォーカリストが作るメロディに対する鬼武さんの解釈に驚愕。その後に聴いた畠山さん作曲の新曲「花夜舟(←当て字です)」がさらにそれを念押し。なるほど。ナットク! ってゆうか、いい曲だわ。

思えば、こういうハンドメイドなライヴでの畠山さんは初めて。感極まって歌をやり直してみたり、セットを途中で変えてみたり、不用意なアンコールで歌詞を思い出せずハミングで繋げてみたり。こういう書き方をすると、とんでもないライヴのようにも思えるかもしれないけれど、お客さんもスタッフも出演者も、ひとり一人の顔が見える距離に全員がいる、そんな空間だからこそ生まれる優しい時間が、心地良く、気持ち良かった。

//

上の写真はサービス?ショット・・・ポーズまでとってくださったのに、こんな写真でスミマセン。