LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

barquinho presents live Vol.129

LUCID NOTE SHIBUYA

「久しぶり!」と言われると恐縮してしまう今日この頃。なので、今日はダブルヘッダーで一気に「久しぶり」を解消する。

まずは、阿部かよこさんとBrasilian Groove featuring CAYOの対バン。宇田川町。

今年の成果のひとつに、ブラジルの音楽を知ったことがある。ジャンルに対する偏見や、食わず嫌いな性格はまだまだ捨てられないけれど、思い切って聴いてみると、すんなりとハマってしまったのが彼らの音楽。フロントを務める方々の中には、ジャンルに偏った方も多いけれど、サポートで演奏される方にとってのジャンルの壁は、こちらが想像している以上に低いらしいこともわかって、ライヴも一段と聴きやすく、過ごしやすく、楽しみやすくなったと思う。

有り難いことに、阿部さんもCAYOさんも、その歌声はウットリするよな好みの質量。永田さんと小久保さんの巧妙なグルーブ感も相まって、今日もナイスな対バンだった。

渋谷でボサノヴァと聞くと、オシャレなイメージがある一方で、軽くて中身が薄いと思われる方もいるかもしれないけれど、バルキーニョはそういうステレオタイプを払拭している良店。