LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

Chie Umezawa LIVE

LUCID NOTE SHIBUYA

三本立ての二本目は。Chie Umezawaさん。

耳の奥のぐぉんぐぉん感がなくなりかけたころに到着。北青山二丁目。

ヤマカミヒトミさんに、聴いておくといいよ、と言われると、すっかりその気になってしまう。で、聴くとやっぱりいいんだわ、これが。今日のChie Umezawaさんも、そんなレコメンドな方。

都合、2ndから聴くことになってしまったけれど、本格的なポルトガル語を自在に操って唄う彼女の、完璧な異国なミュージックに、しばし翻弄。歌詞のついた”Carinhoso”は初めて聴いたけれど、話す声とは真逆な柔らかい彼女のウタゴエにぴったりだった。なんでも同世代らしいUmezawaさん。その容姿にも驚愕だ。メイクや日焼け止めとか関係ないって感じの、ちょっとファーマーで小生意気な雰囲気が、飾らないオーガニックさを感じて好感度高し。

岡部さんのパーカッションも聴きたかった音のひとつ。ちょっとお茶目でファンキーな色とりどりなリズムがステキ過ぎ。笹子さんに顔を覚えていただいてたことも嬉しかったなぁ・・・

「キーの違い」を優しく教えてくれたヤマカミさんにも感謝。ソートー貴重なライヴだったこともわかって、無理矢理でも2ndからシットインして良かったなぁ・・・

忙しく動いた三連休初日のライヴ三本立ても、次が最後。最後はもちろんお待ちかねの、渋谷です。