LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

青木カレン

LUCID NOTE SHIBUYA

料理人が包丁を忘れてどうする!

今の日本の若手女性ジャズ・ヴォーカリストと言えばおそらくこの方。荒武さんと平岡さんの黄金コンビだけが今日の頼り。代々木。

聴き応えとか落ち着きとか、所謂どジャズなノリは皆無で、良く言えば渋谷のクラブ、悪く言えば昭和なキャバレーなノリ。人気のブッキングだけあってNARUも超満員。お店の常連さんも多く、曲中も曲間も始終、合いの手や声援で盛り上げてくれる。

見方を変えれば、常連の皆さんはライヴの楽しみ方をよく知ってる方々。彼らは、どのライヴでも必ずこのノリで楽しむような方々ではない。要するに・・・青木さんのライヴは、こういうノリで楽しむのがベスト、ということらしい。もう一度言うと、良く言えば渋谷のクラブ、悪く言えば昭和なキャバレーなノリ。ま、誰もそれほど聴いちゃいないって意味でもある。

そしてなんだかんだ言って、お客さんのノリはヴォーカルにではなく、明らかにピアノとギターの音に反応したノリだった。声も唄い方も、いわゆるジャズの枠ではない青木さんのヴォーカルが、もっとも説得力を持ったのは、QUEENのカヴァー、”We Will Rock You”。なるほど。彼女のライヴの楽しみ方、よく解りました。

今日は本島美和さんが飛び入りでライヴに花を添えていた。名の売れてる人はたいていそうだが、人的ネットワークが広い。売れたから広いのか、広いから売れたのかは、それぞれだけれど・・・